FXGTの評判・口座開設・ボーナスについて徹底解説【2020年】

FXGT

FXGTは、2019年12月からサービスを開始した、非常に新しい海外FXです。FXGTは新しい業者のため運営歴が短いですが、創立メンバーにはXMやAxioryのメンバーが名を連ねています。

また豪華なキャンペーンを展開した事もあり、国内での知名度も上がり現在勢力拡大中のFX会社でもあります。

FXGTの最大の特徴は、仮想通貨と株の取引も出来る点です。FXだけでなく仮想通貨や株のトレードも考えているトレーダーにとってはピッタリの海外FX業者です。FXGTの入金キャンペーンは、非常に豪華なため、トレーダーにとっては魅力的です。

本記事では、FXGTの評判や口コミ、メリット・デメリットについて包み隠さず詳しく解説します。

  • FXだけでなく仮想通貨や株のトレードもしたい方に特にオススメ
  • 仮想通貨は土日もトレード可能
  • 注文スピードと成約率が高い
  • ゼロカットで追証(借金)なし
  • 最大レバレッジ500倍
  • スプレッドは他業者より低水準
  • 金融ライセンス保持
  • 日本語サポートで安心・安全
  • 頻繁にボーナスキャンペーンあり
  • 新しいFX業者のため運営年数が短い
  • 取引ツールはMT5のみ
  • ロスカット水準が50%とやや高い
  • 90日間取引が無い場合口座維持費が発生する

FXGTの口座開設はコチラ

FXGTの評判・口コミは? FXGTのメリットを解説

FXGTの評判・口コミ

まずはみんなの評判・口コミを紹介します。

FXGTは2019年に設立されたばかりの会社のため「本当に利益分出金できるか?」と不安に思っているトレーダーの方が多数みられました。また開設ボーナス&入金ボーナスを利用してトレードしている方が多い印象を受けました。

では、実際にここからはFXGTの特徴についてレビューしていきます。

FXGTは仮想通貨の取引も可能

FXGTは、FXと仮想通貨、株の両方を取引きできるハイブリッド取引所です。

仮想通貨専用の口座を別に設ける必要がないので、仮想通貨も取引したいトレーダーにとっては、非常に便利だと言えます。

FXGTは新規のFX業者ではありますが、大手仮想通貨取引所のCryptoGTが運営元となって設立された取引所です。運営にはCryptoGTの運営経験が活かされているため取引環境は整っています。

FXGTの仮想通貨は、取り扱い通貨ペアが多く、スプレッドが狭い点がメリットです。

現在の所、FXGTでは13ペアの仮想通貨が取引き可能です。BTC/USDの最低スプレッドは1.75となっており、他の仮想通貨取引所と比較しても、かなり狭いスプレッドになっています。

FXGTの仮想通貨取引は、土日も取引き可能ですので、週末もトレードをしたい方にもぴったりです。

為替 57ペア
仮想通貨 13ペア
金属 5ペア
株価指数 8ペア
個別株 54ペア

FXGTでは、レバレッジ500倍までかけることができるため、国内業者と比較するとかなりのハイレバでトレードが出来る点も魅力と言えます。

仮想通貨にもレバレッジをかけることができるため、ハイレバトレードが可能になります。

FXGTの口座開設はコチラ

FXGTの安全性・信頼性

FXGTは、セーシェルFSAの金融ライセンスを保持しています。

会社名 360 Degrees Markets Ltd.
登記 Suite C, Oion Mall , Palm Street, Victoria , Mahe , Seychelles
金融ライセンス FSA(SD019)

新興企業ながら、金融ライセンスを保持している点は、一定の信頼性があると判断できます。

また、資産保護の観点からトレーダーの資産と会社の運営資金を別々に管理する「分別管理」も行われています。信託保全でない点が気になるところではありますが、海外FX業者でも信託保全を採用している業者はごく少数の為、一般的管理水準といえます。

FXGTのFSAライセンスはキプロスに比べて安全性・信頼性の面で見劣りするものの、海外FX最大手のXMも日本人向けライセンスはFSAライセンスとなっています。

ただXMはFSAライセンスだけでなく複数の金融ライセンスを保持していることもあり、やはり安全性・信頼性は少し見劣りするかもしれません。

FXGTの経営陣には大手海外FXの出身者(XMやAxiory)がおり、安心できる点ではありますが運営実績が浅いため、堅実な運営によるトレーダーとの良好な関係の構築と信頼性の向上が今後期待されます。

2020年7月現在、出金拒否や資金の持ち逃げは報告されていませんが、まだまだ新規のFX会社ということを鑑みると過度に資金を入金するのは控えた方が良いでしょう。

大口資金でトレードしたい場合は運営実績の長いiFOREXや信頼性・安全性の高いXM、GemForexをオススメします。

FXGTはゼロカット採用(追証なし)

FXGTのレバレッジは、最大500倍までかけることが出来ます。海外FXの平均的なレバレッジと言えます。またゼロカットシステムを採用しているため、追証の心配はありません。

FXGTのレバレッジ

FXGTのレバレッジは、最大で500倍までかけられます。500倍のレバレッジは、他の海外FX会社と比較すると、平均的な倍率です。

業者名 レバレッジ 詳細
最大888倍 こちら
最大1000倍 こちら
最大3000倍 こちら
最大500倍 こちら
最大500倍
最大400倍 こちら

但し、国内のレバレッジは最大25倍ですので、それを考えると十分高いと言えます。レバレッジが高いと、それだけ少ない証拠金でポジションを持てますので、有利なトレードを行う事が可能になります。

500倍のレバレッジをかけると、どの位の資金でポジションが持てるのかを計算してみます。

1ドル100円と仮定して、0.1ロット(1万通貨)のポジションを持つのに必要な資金を計算すると次のようになります。

1万通貨のポジションを持つのに必要な証拠金は、フルレバレッジだと2,000円になります。

  • 100円×1万通貨÷500倍=2,000円

これが国内FXの最大25倍のレバレッジの場合は、次のようになります。

  • 100円×1万通貨÷25倍=40,000円

国内の場合は、同様のロット数のポジションを持つのに、40,000円の資金が必要です。少ない資金で大きなロット数が持てる点は、高レバレッジの魅力と言えます。

一方、忘れてはいけないのは、高レバレッジでポジションを持てば、その分損失が膨らむリスクも大きくなるという事です。むやみにフルレバレッジで取引をすると、すぐに資金を失いますので、資金管理を徹底してトレードする必要があります。

初心者トレーダーの方は利確に比べて損切が甘くなりがちになるため、エントリー時に必ず損切設定を行うようにしましょう。

FXGTの口座開設はコチラ

FXGTのロスカット

FXGTのロスカット水準は、証拠金維持率が50%を下回ると強制ロスカットとなります。他の海外FXが20%のロスカットが多い事を考えると、やや高い水準と言えます。

業者名 ロスカット水準 詳細
証拠金維持率20%以下 こちら
証拠金維持率20%以下 こちら
証拠金維持率20%以下 こちら
証拠金維持率20%以下 こちら
証拠金維持率50%以下
証拠金維持率0% こちら

FXGTでは、ゼロカットシステムが採用されています。急な為替変動などで口座残高がマイナスになったとしても、残高ゼロにリセットされるため追加の証拠金を差し入れる必要はありません。

これが国内FXの場合では、証拠金維持率が50%を下回ると強制ロスカットとなる事がほとんどです。加えて、証拠金維持率が100%を下回った時点でマージンコールがかかります。マージンコールとは、追加の証拠金の催促と言う意味で、マージンコールがかかると、証拠金維持率を回復するために追加の証拠金を入金しなくてはなりません。

いわゆる追証と呼ばれるものです。また、急な価格変動でロスカットが間に合わず、万が一口座残高がマイナスになったとすると、そのマイナス分も請求されることになります。

FXGTで採用されているゼロカットシステムでは、追証やマイナス分の請求がありませんので、初期投資資金以上に資金が必要になる事はなく、安心してトレードを行う事が出来ます。

FXGTの豊富なボーナス

海外FXでは、ボーナスに力を入れている会社も多く、その付与率の高さから、海外FXの魅力の一つとなっています。ボーナスは、口座に付与され、証拠金の一部として利用する事が出来るものです。

大抵の場合、ボーナス自体は出金できませんが、ボーナスを利用して得た利益は出金出来るため、証拠金を増やしたいトレーダーにとってはありがたいサービスです。

海外FXのボーナスには、主に3種類あります。

  1.  口座開設ボーナス
  2.  入金ボーナス
  3.  ロイヤリティボーナス

口座開設ボーナスは、新規に口座を開設すると付与されるボーナスです。通常、入金をしなくても付与されることが多く、資金0でもトレードが出来るというメリットがあります。

入金ボーナスは、入金額に応じて付与されるボーナスです。付与率や付与期間は会社によって異なります。

ロイヤリティボーナスは、トレードした取引量に応じて付与されるボーナスです。こちらも付与率や付与条件は会社によって異なります。

FXGTでは2020年7月現在、口座開設ボーナスと、入金ボーナスを提供しています。

FXGTの口座開設ボーナス

FXGTは現在、新規口座開設をすると3000円のボーナスが貰えます。口座開設ボーナスは通常0~3000円でキャンペーン内容により変動します。

新興のFX会社だけに、ボーナスキャンペーンは今後の運用に期待が持てます。

FXGTの口座開設はコチラ

FXGTの入金ボーナス

FXGTでは、期間によって若干内容は違うものの、常時入金ボーナスキャンペーンを行っています。

  • 初回入金ボーナス150%  上限10万円まで
  • 2回目入金ボーナス100% 上限10万円まで
  • 3回目入金ボーナス50%  上限25万円まで

合計で45万円までの入金に対して、ボーナスが付与されます。入金ボーナス150%だと、10万円入金をすると、15万円のボーナスが付与されます。

FXGTの入金ボーナスは、入金回数によって付与率が変わる事が多いです。

入金ボーナスの注意点
FXGTのボーナスにはいくつかの条件があり、注意が必要です。まず、ボーナスは資金を一部でも出金すると、全て消滅してしまいます。さらに、ボーナスは2か月間トレードや入金をしていない場合は消滅します。2か月以内にトレードや入金をしていれば、その日から2か月間有効になります。

FXGTの開催中キャンペーン

FXGTでは、毎月様々なボーナスキャンペーンを開催しています。キャンペーン中は通常より入金ボーナスがお得になっていたり、口座開設だけでなく、取引ボーナスがもらえたりします。

毎月開催内容が変わっているため最新のキャンペーン情報が知りたい人は下記のページを参考にしてみて下さい。

関連記事FXGTの新規登録・入金ボーナスについて徹底解説 

FXGTの口座タイプ

FXGTの口座タイプは、現在の所、スタンダードタイプの1種類のみです。

海外FXでは、通常スタンダードに加え、LOT数の小さい口座とスプレッドの狭いECN口座が用意されていることが多いです。FXGTは新興のFX会社ですので、今後そういった口座タイプが増える可能性があります。

FXGTのスタンダード口座

FXGTの口座は、最大レバレッジは500倍で、発注方式はSTP方式です。

最小取引単位は、0.01LOT1,000通貨単位からになります。
ドル円の平均スプレッドは、1.6Pipsですので、海外FXの平均よりやや広めです。

FXGTの発注方式

発注方式は大きく分けると①DD方式(ディーリングデスク)と②NDD方式(ノンディーリングデスク)があります。トレーダーと市場の間にディーラーが挟まるのがDD方式で、間にディーラーを挟まずに取引するのがNDD方式です。

どちらの方式もメリットとデメリットを併せ持っています。

DD方式

国内のFX会社が多く採用している方式です。トレーダーと市場の間にディーラー、つまりFX会社が入り、取引が行われます。FX会社は、自社内で注文を捌く事が出来るので、スプレッド分以上に利益を確保する事が出来ます。その分トレーダーに対してスプレッドを狭く設定したり、ボーナスで還元したりする事が出来るのです。しかし、この方式はトレーダーの利益はFX会社の損失となる為、約定拒否やストップ狩りなどトレーダーにとって不利になる事があると言われています。

NDD方式

海外のFX会社の多くが採用している方式です。トレーダーは市場と直接取引をする方式です。

取引の透明性が高く、約定拒否やストップ狩りは起こりません。この方式では、スプレッドがFX会社の利益となるので、トレーダーに沢山トレードをしてもらう事で会社の利益が増えます。つまりトレーダーに沢山利益を出してもらった方が良いわけです。しかし、スプレッドがそのままFX会社の利益になるので、一般的にスプレッドが広がりやすいというデメリットもあります。

またSTPはスプレッドにFX会社の利益を上乗せした方式で、ECNはスプレッドには上乗せせず、取引手数料を徴収する方式の事を指します。

FXGTの口座開設はコチラ

FXGTのサポート体制

サポートについても、24時間365日提供しており、日本語で安心して問い合わせすることが出来ます。

土日も仮想通貨の取引を考えているトレーダーにとって、休日もサポート体制が整っていることは大きなメリットと言えます。

メール 24時間365日
チャット 平日・土日:9時~23時
チケット 平日・土日:24時間

チケットは、ログイン後のマイページからチケットを選択すると、質問することが出来ます。

FXGTで口座を開設する手順

FXGTで口座を開設する手順
  • STEP1
    FXGT公式サイトの口座開設をクリック

    はじめにFXGT公式サイトの右側にある「登録」ボタンをクリックします。

  • STEP2
    必要事項を入力

    FXGTの公式サイトを開いたら必要事項に入力をします。入力項目は、名前・メールアドレス・パスワード・居住国だけでOKです。

  • STEP3
    メールアドレス認証

    入力内容に不備が無ければ登録時に入力したメールアドレスに確認リンクが届きますので、メール内容に記載されている認証ボタンをクリックしてください。認証ボタンのリンク有効期限は2日間だけです。

  • STEP4
    アカウント有効化の完了

    これにてFXGT口座の開設完了です!

    出金するためにはアカウントの認証(本人確認書類の提出)が必要です。アカウント認証の方法については下記に詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。

FXGTの口座開設はコチラ

画像付きの詳しい開設方法・アカウント認証・ボーナス受取方法は下記の記事にまとめています。

FXGTの入出金方法

FXGTの入金方法

FXGTには主に4種類の入金方法があります。

  1. クレジットカード
  2. bitwallet
  3. 仮想通貨
  4. 銀行送金
入金の種類 入金手数料 入金までの時間 最低入金額
クレジットカード
(Visa/Master/JCB)
無料 即時反映 10USD
Bitwallet 無料 即時反映 10USD
Bitcoin 無料 ~30分 0.0001
Ethereum 無料 ~30分 0.00105
Tether 無料 ~30分 5
Ripple 無料 ~30分 0.0001
銀行送金 振込金額により異なる 2-5営業日 100 USD

クレジットカード

クレジットカードの入金の際には、入金時に利用した「クレジットカードの表面」「クレジットカードの裏面」の画像を提出する必要があります。

利用できるクレジットカードは本人名義のものに限ります。画像の提出が出来ない場合、アカウント利用が制限される恐れがあります。

bitwallet

bitwalletは、オンラインウォレットの一つです。
FXGTの最低入金額は10ドルからで、入金手続き後、即時反映されます。入金手数料は無料です。入金はネット上から24時間いつでも行う事が出来ます。

オンラインウォレットとは、ネット上で資金を管理して、入出金や送金が出来るサービスです。簡単に言うと、セキュリティがかかったネット上の財布のようなものです。オンラインウォレットには、銀行振込やクレジットカード、仮想通貨などで入金する事が出来ます。

オンラインウォレットを利用すると、手数料を抑えて送金が出来たり、口座間の入出金を24時間即時行う事が出来ます。オンラインウォレットには様々な種類があり、何処のオンラインウォレットに対応しているかは、会社によって異なります。

仮想通貨

FXGTでは、仮想通貨での入金も可能です。

現在対応している仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、テザー(USDT)の4通貨になります。

仮想通貨での入金は、手数料無料で手続き後、30分以内に即時に反映されます。

銀行送金

銀行送金の場合は、指定の口座に振り込むことで入金が出来ます。

  • 最低入金額:10,000円
  • 最大入金額:5,000,000円
  • 振込手数料:3,000円(50,000円未満のご入金の場合)

最低入金額は、10,000円からとなっており、送金の着金確認後の反映になる為、約5営業日での反映となっています。振込手数料は5万円以上の入金の場合は、発生しません。

また、海外銀行送金の場合、100ドルの手数料がかかります。手数料が異常に高いので、海外銀行送金はおすすめしません。

どうしても海外銀行送金を利用したい場合は、まず、bitwalletに送金してから、FXGTに入金する方が金額によってはお得になります。

bitwalletの銀行送金による入金手数料は、通常時は入金額の0.5%です。ですので、手数料1万円となると、200万円の入金でかかる額ですので、それ以下の入金の場合は、bitwalletを使う方がお得です。

また、bitwalletでは、入金手数料無料キャンペーンを不定期で実施していますので、キャンペーンを利用すれば、高額の入金でも手数料を節約する事が出来ます。

FXGTの口座開設はコチラ

FXGTの出金方法

FXGTの出金は入金と同じ3種類です。
① bitwallet
② 仮想通貨
③ 海外銀行送金

通常海外FXでは、利益分は海外送金のみに対応している事が多いのですが、FXGTでは、現在の所、利益分もbitwalletに出金する事が可能です。出金手数料の事を考えると、bitwalletへの出金がベストです。

海外銀行送金で出金をする際には、入金同様に出金手数料が10,000円かかります。さらに海外銀行送金の場合は、銀行でリフティングチャージも別途で4,000円前後かかります。合計すると手数料だけで14,000円以上かかってしまいますので、海外銀行送金での出金はおすすめできません。

出金の際も、bitwalletを経由した方が、手数料を大幅に抑える事が出来ますので、bitwalletを利用する事をおすすめ致します。

また、他の海外FXではあまり見られないのですが、FXGTでは、入出金は全てアカウント内のeWALLETという仮想ウォレットを経由して行います。入金をすると、まず資金はeWALLETに入金されます。そして、その資金をMT5等のトレードプラットフォームに移す事で、証拠金として反映される仕組みになっています。

出金の際も同じで、MT5から証拠金をeWALLETに移した後に、各出金先に出金手続きを行います。eWALLETは、オンラインウォレットと同じですので、様々な通貨をまとめて管理できる為、非常に便利です。

出金時に注意しなくてはいけないのは、MT5から資金を移動した時点で、ボーナスが消滅する点です。一部でも移動した時点で、全てのボーナスが消滅しますので、資金を移動する際は十分に気を付けましょう。

FXGTのデメリット

新しいFX業者のため運営年数が短い

FXGTは非常に運営年数が短い業者です。

金融ライセンスを保持しており、海外FX業者としては一定水準をクリアしていますが、資金の持ち逃げなどのリスクもゼロではないため、過度に資金を入金するのは控えた方が良いでしょう。

取引ツールはMT5のみ

 

FXGTで使用できる取引ツールはMT5のみでMT4を利用することが出来ません。

MT5は取引スピードが速い点は評価できますが、MT4にて行っていた自動売買などはMT5で使用することができません。

ロスカット水準がやや高い

FXGTのロスカット水準は50%とやや高い水準にあります。他の海外FXが20%のロスカットが多い事を考えると、やや高い水準と言えます。

90日間取引が無い場合口座維持費が発生する

90日間取引が無い場合、口座維持費が発生します。

FXGTの総括

FXGTは、非常に新しい海外FX業者ということもあり、他業者より信頼性・安全性が見劣りしがでありますが頻繁にキャンペーンを展開しており、トレーダー数を順調に増やしている業者です。

FXGTは仮想通貨取引も出来るハイブリット取引所のため仮想通貨トレーダーを中心に利用する傾向があります。

従来通りFXのトレードをしつつ、今はやりの仮想通貨トレードも考えているトレーダーにとってはピッタリの海外FXといえます。

現在は、新規顧客獲得のため頻繁にキャンペーンを行っています。ボーナスキャンペーンを利用したい方は是非登録しておきたいFX業者と言えます。

FXGTの口座開設はコチラ

タイトルとURLをコピーしました