海外FX業者の最新ボーナス&キャンペーン【2023年1月更新】

XM(XMTrading)のマイクロ口座について解説|マイクロ口座とスタンダード口座の比較

XMTrading

XMには様々な口座タイプが用意されていますが、マイクロ口座とスタンダード口座のどちらを開設したらよいのか迷っている方もいることでしょう。

XMのマイクロ口座は初心者トレーダーの方・資金の少ないトレーダーの方に使いやすい口座タイプとなっています。

またXMの他口座タイプを開設しているトレーダーの方であってもマイクロ口座を活用すればXMロイヤルティステータスをランクアップするのに役立てることができます。

今回はXMのマイクロ口座に焦点を当てて、スタンダード口座との違いについて詳しく紹介します。

XM(XMTrading)のマイクロ口座とスタンダード口座のスペック比較

マイクロ口座 スタンダード口座
基本通貨 USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY
通貨の表示名 USDJPYmicro USDJPY
対応ボーナス 口座開設ボーナス
入金ボーナス
ロイヤルティプログラム
口座開設ボーナス
入金ボーナス
ロイヤルティプログラム
注文方式 STP STP
レバレッジ 最大1000倍 最大1000倍
1ロット 1,000通貨 100,000通貨
最大ロット数 100ロット 50ロット
最小ロット数 0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
0.01ロット
最大ポジション数 200 200
追証
ゼロカット
追証なし
ゼロカット対応
追証なし
ゼロカット対応
マージンコール 50%以下 50%以下
ロスカット水準 20%以下 20%以下
自動売買
スワップ あり あり
最低入金額 5ドル(約500円) 5ドル(約500円)
取引手数料 なし なし
向いている方 初心者トレーダー
少額資金のトレーダー
全てのトレーダー

マイクロ口座とスタンダード口座の基本スペックはほぼ同じですが、「1ロット」「最大ロット数・最小ロット数」「通貨の表示名」の3つが異なります。

それでは、ここからはXMのマイクロ口座とスタンダード口座の異なる点について詳しく見てみましょう。

XMで口座開設

XM(XMTrading)マイクロ口座の特徴

マイクロ口座とスタンダードは、ほとんどの部分で共通しています。大きくスタンダードと異なるマイクロ口座の特徴は以下の3つです。

  • 1ロットが1,000通貨と小さい
  • 最大ロット数は100ロット
    最小ロット数はMT4は0.01ロット(10通貨)、MT5は0.1ロット(100通貨)
  • 通貨名の表記が異なる

XMマイクロ口座は1ロットが1,000通貨と小さい

口座のスペック比較でも説明しましたが、二つの口座に殆んどの部分で違いはありません。

それでは、XMのマイクロ口座とスタンダード口座の違いは何なのでしょうか。勘の良い方なら「マイクロ」という名でお判りの方もいらっしゃることでしょう。

マイクロ口座はスタンダード口座と比べるとその名のとおり通貨単位が小さく、超極小ロットでのトレードに特化している口座タイプを指します。

スタンダード口座だと1ロットが100,000通貨ですが、マイクロ口座だと1,000通貨となるので100分の1です。

1ロット数がスタンダードに比べて小さくなっているため必要証拠金も100分の1、初期投資資金も少なくすみます。

ただしスタンダードに比べると少ない資産で始めることができるものの、損益の変動額もスタンダードの100分の1となります。

マイクロ口座は、少額資金でFXを始めたい方、FXトレードが始めてという方に向いている口座タイプといえます。

XMで口座開設

XMマイクロ口座の最大ロットと最小ロット

マイクロ口座とスタンダード口座で、最大ロット・最小ロットも違います。

マイクロ口座だと、最小が10通貨で最大は10万通貨です。スタンダード口座は最小1,000通貨・最大が500万通貨となります。

もしもマイクロ口座で10万通貨を越えて投入しようと考えた場合には、2回以上に分けて投じなければなりません。そのため、10万通貨で取引するのであればスタンダード口座で取引することをおすすめします。

保有可能ポジションについては、どちらも最大で200ポジションまでとなります。

マイクロ口座は10万通貨×200ポジションで2,000万通貨。スタンダード口座は500万通貨×200ポジションで10億通貨まで持つことができます。

これらはMT4でのルールです。MT5のマイクロ口座だと最小0.1ロット、つまり100通貨と特別ルールが設けられているのでご注意ください。

XMマイクロ口座は通貨の表示名が異なる

取り扱い銘柄に関しては、どちらも同じです。ただ通貨の表示名が異なります。

マイクロ口座の方は末尾に「micro」と付いてます。

マイクロ口座 スタンダード口座
通貨の表示名 USDJPYmicro USDJPY

例えばUSDJPYだと「USDJPYmicro」といった感じで一目瞭然です。

マイクロ口座でも株式CFD、仮想通貨CFDなどを取引することもできます。ただご覧の通り、通貨に「micro」と付いていないため、1ロットはスタンダード口座と同じとなってます。

マイクロ口座とスタンダード口座の共通点

XMマイクロ口座は最大1000レバレッジで取引可能

少ない証拠金で大金を動かすこと、それをFX用語で「レバレッジ」と言います。日本語で「てこ」を表す言葉です。

10万円の資金があったら、普通は10万円分の取引しかできません。ですが、もしもレバレッジが10倍なら×10倍で100万円分取引をすることができます。レバレッジは、FXならではのメリットです。

レバレッジが大きくなればなるほどリターンも大きくなりますが良いことだけではありません。損失もまたレバレッジの大きさに応じて大きくなってしまうのでご注意ください。

XMでは、1倍から1000倍までレバレッジを設定することができます。マイクロ口座もスタンダード口座も最大レバレッジは1000倍という点は同じです。

実はつい最近までXMの最大レバレッジは888倍でしたが、2022年6月14日から1000倍に引き上げられました。

更にてこの原理が増しているわけです。ほんのわずかの証拠金で大金が稼げるかもしれません。また1000という整数は計算しやすくもなってます。

レバレッジは諸刃の剣であり、資金管理がしっかりとできているトレーダーにとってはメリットともなりますが、損切のできないとレーダーにとっては一瞬で資産を失う恐れのあるデメリットともなりかねません。

888倍よりも1000倍の方がレバレッジリスクは更に高まります。最大レバレッジで取引をする際は、これまで以上に資金管理に注意を払うようにして下さい。

マイクロ口座は全ボーナス対象

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • XMロイヤルティプログラム(XMP)

XMには3つのボーナス制度がありますが、マイクロ口座は全ボーナスの対象となっています。

マイクロとスタンダードどちらの口座を開設しても受け取れるボーナスは同じです。マイクロ口座だからといって制限を受けることはありません。

海外FXのボーナス、XMのボーナスについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめていますので、ご覧になってください。

初心者はマイクロ口座とスタンダード口座はどちらが良いのか?

FX初心者の方で、スタンダード口座とマイクロ口座のどちらを選ぶべきか迷ってる方も多いでしょう。

XMは一度開設してしまうと口座タイプをあとから変更することはできません。つまりマイクロ口座からスタンダード口座に変更できないため、決めかねて当然です。

まずは小額から始めたい・できるだけ損したくないなと思ったならば、マイクロ口座の方を選んでください。

1ロットでエントリーしたとして、レートが1pips変動した場合にスタンダード口座であれば1,000円も変動してしまいます。でもマイクロ口座ならばたったの10円ですから損失は少なくすみます。

そのため初心者の方はまずマイクロ口座でFXに慣れるところから始めて見ると良いでしょう。

ある程度トレードに慣れ、もっと大きな資金で取引をしたいというのであれば、新しくマイページより追加口座としてスタンダード口座を開設するようにしてください。

XMで口座開設

XMマイクロ口座の活用方法

XMでは豪華なボーナスが用意されているため、ボーナス目当てにXMの利用を始めたという方も多いのではないでしょうか。

口座開設ボーナスが貰えるのは1回だけですが、XMPやステータスは口座をまたいで反映されるため、EAやレバレッジ、通貨によって複数口座を使い分けている方もいます。

XMならではと言えるボーナスが、「ロイヤルティプログラム」です。取引のたびにXMポイント(XMP)が貯まり、ボーナスや現金に交換することができます。

実はロイヤルティプログラムは4段階のステータスがあって、一番低いエグゼクティブと最高ランクのエリートではXMPの獲得率はまったく違ってくるのです。

エリートランクになるためには100日以上取引する必要があります。

しかし、マイクロ口座なら最小0.01ロットで100日間ポジションを持ち続けるだけでトレード条件クリアとみなされるのです。

決して規約違反ではありません。わずかな労力でロイヤルティステータスがランクアップされるので、スタンダード口座を開設したいと考えている方にもおすすめの方法です。

ロイヤルティステータスについて以下に記事をまとめています。

XM(XMTrading)マイクロ口座とスタンダード口座まとめ

初心者の方ほど、FXに馴染みがなくいきなり大金を動かすのは怖いと感じることでしょう。投資に不安感を感じXMの利益を生み出すこともあれば損をすることもあるからです。

マイクロ口座の方がほんのわずかの資金で始められて、リスクも少なくて済むので初心者トレーダー、資金の少ないトレーダーの方向きといえます。

マイクロ口座だと少しの儲けにしかならないのではないかと思われるかもしれません。せっかくFXを行うのですからレバレッジもうまく活かしてみてください。

レバレッジに関しては、マイクロ口座にしろスタンダード口座にしろ、最大レバレッジは同じ1000倍です。

かつてXMを利用されていた方は888倍というのがなじみ深いはずですが、2022年6月14日より1000倍に変更されています。より少ない証拠金でできるのは利点です。これを機会にまたXMを始めてみるのも良いでしょう。

マイクロ口座からスタンダード口座への変更は不可能となっています。XMでは8個の口座が作成できるためぜひマイクロ口座も作成してみることをおすすめします。

それぞれのメリットデメリットをしっかり勉強してから始めてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました