海外FXおすすめのキャンペーン|2022年11月

FXの取引時間は?おすすめの取引時間とサマータイムについて解説

海外FXの基礎

サラリーマン・OLの方なら仕事をしながら、主婦(主夫)の方なら家事・育児の合間に副業をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そんなスキマ時間の副業におすすめなのがFX取引です。FX取引は平日24時間いつでも取引可能となっています。

とにかく取引時間が長いというのはFXならではの魅力であり、空いた時間に何か副業を始めたいと思っている方にうってつけといえます。

海外FXを始めてみたいという方は、下記の記事を参考にしてみて下さい!

FX取引の可能な時間はいつ?おすすめの取引時間は?

FX取引を始めるにあたり、24時間いつでも可能とは言えいつ始めればいいのか、なぜ24時間可能なのか気になりますよね。

まず世界中に存在する外国為替市場では、平日に取引が行われています。

ただし、株式などと違い東京、ロンドン、ニューヨークといった実際の証券取引所が存在しているわけではありません。外国為替市場はインターネットを通して売買されるため、株式市場と違い取引時間が決められていないのです。

ニュースなどで良く耳にする「東京外国為替市場は・・・」という報道は実際に行われている取引場所のことではなく、その時間帯に中心となって取引が行われている国や銀行のことを指しています。

そのため日本の東京外国為替市場とは、日本時間の朝9時~夕方5時までの時間帯を指します。また地球には時差があり、ロンドンの9時~5時とニューヨークの9時~5時は日本時間とは異なります。

時差の影響により世界中のどこかの市場で取引が行われており、その結果、24時間取引が可能となっているのです。

休日はどこの為替市場も休場しているためFX取引を行うのであれば平日の24時間が勝負となります。

また日本には、文化の日や体育の日といった日本特有の祝祭日があります。こういった日本の祝祭日にも海外の為替市場では平日と同じように市場が開いており取引することが可能です。

サマータイム制度

FXの取引時間には、冬時間(標準時間)、夏時間(サマータイム)と呼ばれるものがあります。

夏は取引時間が1時間進められており、3月の第2日曜日からは夏時間、11月の第1日曜日からは冬時間となります。当然ながら、日本時間ではなく米国時間で考えるようにしてください。

  • 夏時間・・・3月第2日曜日~11月第1日曜日
  • 冬時間・・・11月第1日曜日~3月第1日曜日

冬時間で注意が必要な取引時間帯は、クリスマス~年末年始にかけてです。

クリスマスの前後・そして年末年始はどの国の市場も祝祭日となっています。ニューヨークやロンドン市場はお休みです。市場への参加者が少なく、外国為替市場の流動性は大きく低下してしまいます。

市場参加者が少ない分、為替の値動きが予想されるため参加することはおすすめできません。

日本のFX市場では、クリスマスは15時迄、元旦は休場となっています。そして大みそかはFX会社ごとに取引できる時間帯はバラつきがあります。

そのためFX取引は年末年始やクリスマス時期を除いての平日がおすすめの時間帯になります。つまり副業として、仕事や家事・育児の合間に行うことができます。

FX取引に適さない時間帯

FXは、平日であれば24時間いつでも利用できるのが魅力です。

一方で年末年始やクリスマス時期になると日本だけに限らず、世界中が家族と過ごす時間となります。FX市場の多くが短縮営業やクローズしています。

取引がほとんどできなくなっている閑散時期は、スプレッドが極端に広がっているためトレードは避けておいた方が無難といえるでしょう。

閑散時期だけでなく、閑散時間というのもあります。日本時間の早朝、午前3時頃から9時ごろです。

実はこの時間帯は、ニューヨーク市場はそろそろクローズしようとしている時間帯であり、東京市場はまだオープンしていない時間になります。

そのため活発に取引しようという大口の客が少なくなっている時間帯なのです。そのためこの時間帯も避けておいた方が良いでしょう。

その他トレードをやるならぜひ知っておいていただきたいのが、経済指標の発表時間です。特にアメリカの発表する経済指数には注視する必要があります。

失業率や雇用条件などの発表があり、それを踏まえてドルを中心として相場の大きな変動が起こることが予想されます。

ポジションを持っており、思惑通りに動いた時には大きな利益が得られるチャンスにもなりますが、相場が予想とは逆に動いたら大きな損失になりかねません。初心者はこの時間帯は動かない方が身のためです。

こちらも夏時間・冬時間が採用されており、日本の時間にあてはめると、夏は21時半頃で冬には22時半頃が要注意の時間帯となります。

FXの土日の取引は?

平日は24時間いつでも取引可能なFXですが、土日のポジションの持越しはおすすめしません。

仮に金曜日の夜や土曜日の早朝までポジションを持ち越したとして、月曜日までは取引ができないことになります。土日に予想外のニュースがあるかもしれません。

ポジションを土日に持つことはスワップが付くこともありますが、リスクとなってしまうこともあるのでご注意ください。本当にポジションを持ち越しても良いのかきちんと考えるようにしましょう。

また月曜日からの取引前にもニュースなど経済指標をチェックしておくことを忘れないでください。

土日の状況を踏まえて、市場開始後にすぐ大きな値動きが発生することもあるからです。上級者ともなるとあえてこの時間帯を狙っていくでしょうが、FX初心者は値動きが落ち着いてからにしてください。

わけが分からないうちにロスカットされて、お金だけ無くなってたなんてことになりかねないからです。金曜の夜と月曜の早朝は、特に素人にはキケンな時間帯ですので取引を控えることをおすすめします。

FX取引時間のおすすめは?

FXは24時間いつでも取引はできますが、多くの方々は仕事に家事とスキマ時間を狙っての取引となっているはずです。

初心者におすすめな時間帯は、市場が活性化する効果的な時間帯を選び取引に参加するようにして下さい。

中級者以上の方であれば、思いっきり値動きの激しい時間帯に狙いを定めて一気に大金を稼ぐということもあるでしょう。ただチャンスが大きい代わりにリスクも多い時間帯になるため、資金の少ない初心者には荷が重すぎますよね。

とにかく取引量が多くて値動きの小さい時間帯をおすすめします。最悪、含み損や損切りとなった場合でもダメージは少ないはずです。

おすすめの時間帯は、午前10時前頃までの時間です。この時間帯は東京市場の仲値の時間帯にあたります。

ドルが動きやすく、それに連動して他の通貨もまた大きく値動きするかもしれません。10時を過ぎると落ち着いてしまうので、その前までの時間を狙っていきましょう。

午後9時頃から深夜2時頃の辺りはニューヨーク市場もロンドン市場もオープンしているため、値動きが大きくなりやすく、おすすめの時間帯となります。

世界中でトレーダーの方が活動する時間帯になり、スキャルピングのような短期手法のトレーダーも積極的に取引に参加します。そのため最も取引量が多い時間帯といえます。

ただし、指標発表の結果によって突然トレンドが転換したなんてこともあるので、常に経済指標の発表は気にかけておくことが大切です。

FX取引時間のまとめ

多くのサラリーマンは平日の朝から夕方・夜までお仕事されており、なかなかスキマ時間を見つけての副業は難しいですよね。

サラリーマンやOL、主婦の方などまとまった時間を取りづらい、スキマ時間が不規則という方にもFX取引なら平日24時間取引が可能なためFXは副業としておすすめです。

何しろ土日はお休みです。平日は朝出勤して、いくらか仕事をこなしたのちのちょっとコーヒーブレイクという時間帯・帰ってからの自由時間こそがFXにおすすめの時間帯となるからです。

年末年始は為替市場も閑散期となりますから、無理に市場に参加せず、ご家族とのんびりと過ごしてください。

FXは24時間取引が可能なため少しでも稼げるようにと朝早くに起きてやる必要もありません。ごく普通の毎日のちょっとしたスキマ時間を、うまく活用してトレードしてくださいね。また次第に慣れてきたら時々冒険してみたり時間帯によっても値動きが変わるのも、FXのおもしろさともいえます。

経済イベントの前後は大損する危険性が高くFX初心者には適さない時間帯ですが、経済指標の発表など抑えるところをきちんと押さえておければ、初心者の方だってハードルはそれほど高くはありません。

FX取引をやっているっていう声、周りから多く聞くようになったのではないのでしょうか。それは時間帯がサラリーマンや主婦の副業に適しているというちゃんとした理由があるのです。

朝の通勤時間に電車の中で、家事の合間や帰宅して夜の自由時間にぜひFX取引を始めてみませんか。

タイトルとURLをコピーしました